成績を上げられる効果的なカリキュラム

学習方法を考える

学習費用目安を知っておく

大学受験を目指す人は、多く見られます。自宅学習であったり、塾や予備校を利用しながら勉強している人もいます。 大学受験のために、英語が必須科目になっている事が多いため、特に力を入れて勉強に励んでいる人も多い様です。 英語を勉強する場合の費用については、学習方法によっても違いがあります。例えば、塾や予備校などを利用した場合には、他の科目についても受講して支払いをしている事があります。土日を除く毎日利用すると、年間費用として、総合的に100万円位の費用が掛かる事も一般的です。これは、受講時間であったり、科目数、各予備校等によって違いがあります。 その点、参考書などを購入しながら、自宅学習をする場合には、5冊から10冊程度の利用で、2、3万円位の費用になります。

学習方法を絞っていく

大学受験英語を学習する場合、塾などを利用する事があります。塾の場合には、個別指導などを実施している事が多くありますので、自分の学力に沿った勉強ができます。クラス制の受講をする場合には、毎日通ったとしても、現役の場合には高校に通った後の事になります。時間数としては、予備校よりは少ない事もあります。塾のメリットとしては、小規模で実施している事がありますので、質問や進路相談などもし易い状況があります。 大学受験の場合、予備校を利用して英語を学んでいる人もいます。浪人生として学習する人たちも多く見られますが、通学の場合には、人数が多いクラスなども見られます。しかし、高校での勉強が必要なくなる分、大学受験に特化した学習ができるメリットがあります。大学毎の特色を捉えた授業を展開しているのも、予備校の特徴となります。